Winbackの吉田です。

続いてマイクロソフト関連のアップデートです。

昨年リリースされたばかりのWindows8ですが、複数のマイクロソフト幹部が「ユーザボイスを真摯に受け止めた」次期バージョン(開発コード:Blue)を、年内中に発売する予定であると発言。またそのプレビュー版が、全8ユーザに対し今年6月中(6月はマイクロソフト社の決算月)に提供することも明らかになりました。

Windows8については、そのあまりの変わり様と操作性への不安から、殆どの法人ユーザ様がスルーを決め込んでいらっしゃいますが、「記憶域プール」や「Client Hyper-V」など、ビジネスで使えそうな新機能も実際には多数搭載されています。

デスクトップとスタートボタンさえ戻ってくれば、XPからの切り替え先としても、検討の余地があるのではないか、と考えたりもします。

ただしそれも時期バージョンが「8.1」になるのか「9」になるのかで大きく話が違ってきますね。

よって弊社では、XP移行先については、もう1か月ほど保留されることを推奨します。どうしてもこれから予算取りをしなければならない、というお客様には、アップグレードライセンスのみと、SA(ソフトウェアアシュアランス:時期バージョンへのアップグレード権が2年間付く)付の、二通りでのお見積もりをご用意されておくことをお勧させていただきます。

SA

マイクロソフト ソフトウェアアシュアランスについて詳しくは以下をご参照ください。
http://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/software-assurance/

追記:この記事にはアップデートがあります。

Windows 開発コードBlue、正式名称は「Windows 8.1」