Winback店長です。

先日、ライセンスオンラインさん主催の「Windows 8」「Office2013」最新バージョン活用方法紹介セミナー に参加してまいりました。

後半はOffice 2013に含まれるExcel 2013の気になる新機能についてのご紹介です。

Office 2013編その1:Excelで複数のブックを開くと別ウィンドウで開く

非常に地味な変更点ですが画期的です。これまでのエクセルでは、あるBookに記入されたデータを別のBookに書き写す、という作業を行う場合、「表示」>「整列」>「左右に並べて表示」で並列表示させて入力したり、熟練者であれば「Alt」+「Tab」キーで素早く切り替えてフラッシュ記憶術で入力したり、という手法が主流であったと思いますが、2013からはそんな苦労も不要なようです。またこのことはExcelの「デュアルディスプレイ対応」も意味しますから、デュアルディスプレイ派の店長としては喜ばしいことこの上なしです。

Office 2013編その2:Pivot Tableにタイムラインが追加

データ集計やプレゼン作成に欠かせないピボットテーブルにも様々な強化点がありますが、「タイムライン」機能は注目に値します。これは参照元データにある時系列のデータを、「タイムライン」として挿入し、現れる「タイムラインスライサー」に任意の期間を設定することで、テーブルやグラフを自動的に更新する機能です。

タイムラインスライサー

これまでは行ラベルに置いた時系列データをグループ化したり、チェックボックスを入れたりと、ひと手間かかりましたが、これで突然上司から「去年の数字はどうだった」なんて言われても、あわてる必要はありません。

Office 2013編その3:新機能「フラッシュフィル」にはご用心

もうひとつ話題の新機能に「フラッシュフィル」があります。これは「保坂 潤」「吉田 亜希子」「桜井 重宣」・・・などの名簿データの1列目に「保坂」「潤」などと姓名を分けて入力してから「フラッシュフィル」の機能を押すことで、同じ条件で姓名に分離されたデータを一発入力するという機能ですが、MSサイトでも参加したセミナーでも「姓名」と「電話番号の区切り位置」の2つの同じ用例を使っており、仕組も不明であるため、どこまでの精度があるのか判断が付きません。正確性の求められるビジネス現場での利用には注意が必要です。

フラッシュフィル

この他、Google Analyticsのような複数データやグラフを一枚のシートにまとめた上、動的に更新するExcel版「パワービュー」機能が追加されており、セミナーでもプッシュされていましたが、こちらは調べてみるとアドインを有効にしてSilverlight 5.0のインストールも必要とのことですので、ここでは割愛させていただきます。

以下まとめですが、Office2013に関しては大幅に機能強化されつつ、基本的な仕様(拡張子なども変更なし)は2007/2010と同等であるため、Windows7とワイドモニタを利用されている環境であれば、すぐにご利用いただいて問題ないものと思われます。2013年夏モデル以降、各社PCにプレインストールされるOffceはすべて2013に切り替わっておりますが、この機会に導入されてみるのもよろしいのではないでしょうか。